シアリスとジェネリックの認知度

シアリス、一般名をタダラフィルと呼びます。2013年の8月ごろにED治療薬の中で全世界的シェアが42%となりました。そしてそれは世界の100ヵ国以上で1,000万人以上もの患者さんに使用されるようになり、世界市場の中で堂々の第一位になりました。
ではなぜ全世界的シェアが42%となり、世界市場の中で堂々の第一位となったのか、その理由の一つとして従来にあったED治療薬のバイアグラやレビトラと違い、有効性が投与後なんと36時間ほど効果が続くと言われており、一度体内に服用・吸収さえしてしまえばあまり食事の影響を受けないとされています。
今まで行為の何時前に飲まなくてはいけないだとか、服用後アルコールや食事の制限を考えなくてはいけないなどの逆算や制御を考えなくてもいいED治療となったことが人気の一つかもしれません。
また豊富なジェネリックも存在し、中でもタダシップは価格も安くタダラフィル配合で同一の効果を得られることから大きな反響を呼んでいます。日本ではまだ認知度の低いジェネリックですが、海外ではタダシップなどの先発薬と一緒の効果を得ることができ、尚且つ低価格で手にすることが出来る点から人気の呼び声が高くなっています。
そしてこれらは「ウィークエンドピル」と皆から呼ばれ親しまれ、なぜその呼び方になったのかというと金曜日の夜に服用したとすると日曜日の昼間ごろまで持続、長時間の効果があることからそう呼ばれるようになりました。
しかし、あくまでもシアリスを含めるED治療薬は、血流の改善によって勃起を起こす補助的な役割を果たすお薬ですので、服用したからといって勝手に勃起するというようなことはなく、あくまでも性的刺激や性的な興奮がなければ勃起をするとこはありません。
そして、シアリスは食事の影響をあまり受けないと言われていますが、食事制限には約800kclぐらいついているということをあまりみなさんはわかっていませんのでこの食事制限事項をよく覚えておいたほうがいいかもしれません。
またこれはどのお薬にも言えることですが、アルコールの取りすぎ飲み過ぎになると神経の伝達が非常に悪くなるとされていますので、こちらも合わせて注意したいものです。やはりどのお薬(治療薬)も食前の空腹時に飲むのがいいでしょう。
服用後の顔のほてりや頭痛、目の充血などの副作用も他のお薬より少ないとされており、またその副作用が出たとしても、頭痛薬のどの鎮痛剤と併用して飲んでも大丈夫とされています。
まとめると、タダシップはシアリスと同一効果で安価なメリットがあるので、オススメしているED治療薬の1つです。