血液と勃起不全の関係

勃起不全とは性機能障害の一種で性行為時に十分に勃起できず、性行為が満足にできないことなどを指します。
勃起障害や。男性性器機能障害などとも呼ばれております。
一般的には英語でErectile Dysfunctionと言われており、略してEDとされています。
このEDですが、テレビや、新聞媒体、インターネット広告などで活用されており、認知度はかなり高くなっております。
勃起不全ですが、どのような方が症状が出てしまうのでしょうか?
その多くは精神面が原因となって、満足に勃起できなくなってしまいます。
他にも、高年齢、生活習慣病(糖尿病、高血圧など)においても勃起しづらくなってしまうのです。
症状も様々で、完全に勃起できないや、勃起できても維持できない、勃起までに時間がかかってしまうなどがあります。
挿入時勃起していたのに、途中で折れてしまったりすることを中折れと言ったりもします。
精神面が原因の場合、現代社会においてのストレスなどが原因となっています。
現代、インターネットの普及によりストレスなどが絶えない時代になってきました。
ストレスと勃起不全どのように関係しているかというと、まず勃起のメカニズムから説明いたします。
男性性器に刺激を与えたり、性的な行為をすることによって脳に信号が送られます。
そして脳から神経伝達を通して、勃起させろという信号が送られます。
男性性器にある陰茎の海綿体はスポンジ状になっており、大量に血液を流れ込まさせることによってペニスは大きくなるのです。
AVをみたり、性的興奮を与える事でも信号は送られ勃起するシステムなのです。
精神面で問題があるとうまく神経伝達できず、刺激や興奮を与えても勃起に繋がらないのです。
年齢や病気が原因で症状が出る場合ですが、動脈などが関係してきます。
勃起はペニスが大量に流れ込むことで起こります。
血行の流れが悪かったり、動脈の広がりが不十分だと勃起しづらくなってしまうのです。
年齢の場合年増すごとに、血行の流れが悪くなったり、神経伝達が上手くいかなくなってしまいます。
糖尿病や高血圧の場合も、血液の流れがよろしくないので、EDになってしまうのです。
改善させるためには、陰茎の海綿体へ血液を流れ込ませやすくさせることが必要となります。