TOP > ジェネリックを比較しよう!

シアリスのジェネリック医薬品

タダライズとメガリス

シアリスのジェネリック医薬品:タダライズ

タダライズのシート

シアリスには数々のジェネリック医薬品が存在していますが、今回は多くの人に使われている「タダライズ」についての紹介をしていきましょう。

タダライズというのはインドにある製薬会社が作っているシアリスのジェネリック医薬品で、その効果はシアリスとまったく同じくらいだといっても過言ではありません。

そしてシアリスと同じタダラフィルという成分なので、もちろん持続時間もかなり長めになっています。

タダライズが体にしっかり吸収されると食事の影響もまったく受けませんので、色々あるED治療薬の中でも特に飲みやすいタイプだといえるでしょう。

これならパートナーと旅行へ行ったり、デートをするときでも安心して使うことができると思います。

なお完璧にその効果を感じたいなら、2時間以上前に飲むようにするのがおすすめです。

また、バイアグラなどのED治療薬で見られる副作用として赤ら顔がありますが、この赤ら顔も起こりにくいと言われています。どうしても気になるという人にはおすすめです。

ちなみに副作用としてはもちろん頭痛など色々起こる可能性はありますが、ほとんどの人がタダライズ服用後に副作用を感じなかったと報告されています。

そのため、初めてED治療薬を使うという方にもおすすめできるED治療薬と言えるでしょう。

シアリスのジェネリック医薬品:メガリス

メガリス

シアリスのジェネリック医薬品といえば「メガリス」も忘れてはいけません。

メガリスもED治療薬としてよく使われるジェネリック医薬品ですが、こちらはインドのマクレオーズ・パーマスティカル社と呼ばれるところが製造と販売をしています。

メガリスはピンク色の丸い形状になっていて、個別で梱包されているのが特徴です。

メガリスに使われている成分はもちろんシアリスと同じくタダラフィルとなっています。

そのため、最大36時間という長時間の効果を期待することが可能です。

何度もセックスを楽しみたい人にとっては、間違いなく手放せない商品になるといえます。

メガリスを服用するタイミングですが、これはセックスの大体1時間前くらいがもっともおすすめです。

メガリスはゆるやかに効いていくタイプのED治療薬なので、時間に余裕を持った上で使うようにしましょう。

メガリスはインド以外では正式に認可されていない薬となっています。

そのため日本においての正当なルートはないので、通販サイトでの購入が一般的になるといえるでしょう。

ただネット上に流通しているED治療薬にはたまに偽物もあるので、そこは注意して買わなければいけません。

ちなみに、現在売られているメガリスは10mgと20mgの2種類があります。

効果には個人差があるので、自分にとって効果のある容量の治療薬を選びましょう。

ジェネリック医薬品タダライズとメガリスの共通点

タダライズとメガリスの共通点を説明する医者

ではここで、タダライズとメガリスにはどのような共通点があるのか?を

しっかりと見ていきたいと思います。

まず共通点としてはっきりいえるのは、シアリスのジェネリック医薬品なので両方ともタダラフィルが主成分になっていることです。

ということは、実際に得られる持続力はまったく同じだといっていいでしょう。

ただ錠剤の形やコーティングに使われる成分には微妙な違いがあるので、もしかしたら人によっては感じ方が違うかもしれません。

そして副作用の内容や、その発症率に関しても特に違いがあるわけではありません。

主に頭痛、消化不良、めまい、鼻水・鼻づまり、筋肉痛、下痢といった内容となっています。

だからED治療薬として効果の内容が気になる場合は、タダライズでもメガリスでも問題なく使用してもらうことができます。

効力や副作用という点においては、間違いなくシアリスと同等だといえるでしょう。

どっちがより自分に効くのか?という点においては、どちらを使ってもあまり変わらないはずです。

ジェネリック医薬品タダライズとメガリスの違い

シアリスのジェネリックに満足する中年

なら逆にタダライズとメガリスにおいて違うところはあるのか?

まず「製造元」が大きく異なります。

国は両方とも同じですが、タダライズはインドのサンライズレメディ社になり、メガリスはマクレオーズ・パーマスティカル社となっています。

ちなみにそれぞれの製薬会社は別のジェネリック医薬品も作っています。

サンライズレメディ社の場合はバイアグラのジェネリックであるスーパーPフォース、そしてマクレオーズ・パーマスティカル社はレビトラで有名なバリフというジェネリック医薬品を製造しています。

製造元が違うということはすなわち微妙な違いが出てくるので、その違いによって効力の差が変化するといってもいいでしょう。

そしてもうひとつ大きく違うのが「値段」です。

タダライズは20mgが1錠で225円くらいになっているのに対し、メガリスの場合は同じ20mgで1錠560円くらいとなっています。

ということは倍くらいの差が開いていることになるので、コストパフォーマンス的には断然タダライズが優勢だといえます。

これからタダライズかメガリスかで迷ったときに、製造元でどちらが個人的に信頼できるのか?そして値段はどうなのか?といった点において見比べていくことで、きっと満足いく結果になると思います。