TOP > ジェネリックのメリット

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品の魅力

シアリスのジェネリックの各種類

当サイトでいくつも紹介しているシアリスのジェネリック医薬品ですが、そもそもジェネリック医薬品が何なのか知らないという人もたくさんいるでしょう。

ここでジェネリック医薬品について覚えておきましょう。

まず医療機関において処方される医薬品というのは、主に新薬と呼ばれる薬とジェネリック医薬品と呼ばれる薬の2つが存在しています。

新薬というのは先発医薬品のことで、まったく新しい有効成分を使って開発される薬となっています。先発医薬品の場合はなにもないところから、つまりイチから薬を開発しなければなりません。

一方でジェネリック医薬品の場合は新薬に設けられる特許期間が過ぎたあとに開発される薬になります。ジェネリック医薬品は特許が切れた新薬に含まれる有効成分から改良して作られるものなので、名称は違えど新薬と同じような効果を発揮する薬です。

しかも飲みやすさや扱いやすさを徹底的に見直して作られるので、ジェネリック医薬品の方が新薬よりも使いやすい場合があります。

ちなみにジェネリック医薬品のジェネリックという言葉の意味ですが、ジェネリックは英語で一般的という意味を持ちます。

特に普及率の高いアメリカでは医師が医薬品を処方するときに、商品名ではなく一般名を書くことが多いので、ジェネリック医薬品と呼ばれているのです。

なおヨーロッパでは約70%がジェネリック医薬品を使っているので、かなり普及しているといえるのですが、アメリカではなんと90%以上の薬がジェネリック医薬品で占められています。

一方、日本では普及率は59%がジェネリック医薬品となっているので、海外と比べればまだまだ普及率は低いといえるでしょう。

ただ、医療費を抑えるための医薬品として現在では日本においてもジェネリック医薬品の使用を促進する環境が整えられてきている状態です。

シアリスのジェネリック医薬品:アプカリスSXゼリー

アプカリスSXゼリーの各種類

ジェネリック医薬品の特徴として、その薬の形状が色々あるという点も見逃せません。

特にシアリスのジェネリック医薬品で一番大きくその形が違うのが「アプカリスSXゼリー」になります。

アプカリスSXゼリーは名前から見てもわかるように、なんと錠剤ではなくゼリー状の薬となっています。

つまり錠剤が苦手な人にとっては、かなり飲みやすいタイプのジェネリック医薬品だといえるでしょう。

ちなみにアプカリスSXゼリーは7袋入っており、それぞれに味付けがされています。

味の種類はイチゴ、パイナップル、バナナ、キャラメル、バニラ、オレンジ、キイチゴといった感じです。

実際に口に含んでも、まるでおやつを食べているかのような気分になれるでしょう。

そしてアプカリスSXゼリーの使用方法ですが、こちらはゼリー状なので水を使わずにそのまま飲み込むことが可能です。

もちろん水と一緒に飲んでも問題ありません。

ちなみにアルコールもつかえますが、よく飲み過ぎる人は体調不良になる可能性があるので注意してください。

さらにアプカリスSXゼリーも、錠剤と同じく空腹時に飲むことで最大限の効果を発揮することができます。

軽くおやつ感覚で口にできる分、効果を強めるためについ2袋以上開けてしまいそうになるかもしれませんが、あくまでもED治療薬なので必ず1度使ったら24時間おいてから再度飲むようにしてください。

ルールをしっかり守ることで、安全にアプカリスSXゼリーを使うことができるでしょう。

ジェネリック医薬品だからこそのメリット

シアリスのジェネリックの利点を説明する医者

実はジェネリック医薬品に関しては色々なメリットがあるので、すすんで利用することをオススメします。

一番わかりやすいのがやっぱり「値段」です。

新薬の場合は基本的にどれも高くなっているのが特徴なので、シアリスを買う場合はどうしても費用的につらい状態になってしまいます。

しかしジェネリック医薬品の場合は新薬の半分以下の金額になっていることが多いので、長期間使う上では間違いなくジェネリック医薬品の方が重宝するといえるでしょう。

では根本的にどうしてジェネリック医薬品は安くなっているのか?

その理由は、新薬の開発よりも費用がかからないからです。

新薬は完全にゼロから作り上げるので、どうしても研究開発費用が大きくなってしまいます。

でもジェネリック医薬品の場合は新薬に使われている成分からさらに開発されるので、高い費用が一切かからないわけです。

だから必然的に新薬よりもジェネリック医薬品の方が安くなります。

ジェネリックは安心

ジェネリックの安全性を強調する医者

そしてもう1点ジェネリック医薬品を選んでいくメリットとして挙げられるのが「安心」だということ。

よくジェネリック医薬品は聞いたことがない名前が多かったり、製造元が新薬と違うことからどうしても不安に感じてしまう人がいます。

しかしジェネリック医薬品はどんなものであっても、医薬品医療機器法に定められた基準をすべて満たしているものとなっています。

つまり定められている法律の基準をクリアしないと、世の中にジェネリック医薬品として提供されることが絶対にないわけです。

厳密にいうと、たとえば生物学的同等性試験や安定性試験、そして溶出試験といったさまざまな試験がおこなわれています。

これらの試験をすべてクリアした薬のみが、ジェネリック医薬品として認められているのです。そのため、安全性において心配する必要はないと言えます。